過払い金請求 費用 安い

過払い金請求の費用が安いと判断する基準について

少しでも自分の手元に多くの過払い金を残すためには?

もしあなたに過払い金が発生しているとすれば少しでも多く取り返したいと思うのは自然です。
過払い金をより多く返還してもらうためには自分で返還請求をすることが
最も多くの過払い金を取り戻せると思っている人が多いかもしれませんが一概にはそうとは言えません。

 

 

もちろん完璧に過払い金+現在までの利息を完璧に取り戻すことができれば
弁護士や司法書士に依頼した時に比べると初期費用や成功報酬がない分自分の手元には
多くのお金が残ることにはなりますが、自分で過払い金請求を行うと場合によっては
割り引いた金額で和解を持ちかけられたり、それを断って満額取り戻そうとすると訴訟になるケースもあります。

 

 

これは貸金業者によって対応が分かれるところで例え個人であろうとすんなりと過払い金を
返還してくれる業者もあれば舐めてかかってくる業者もあるので一概には言えませんが・・・。

 

 

このようなリスクや手間を考えて専門家に過払い金請求をお願いしようと思っている人も多いと思います。
しかし、過払い金を取り扱う弁護士や司法書士だけでも全国でみればかなりたくさんあるので
どの事務所がいいのか見当もつかないと思っていませんか?

 

 

専門家に依頼することで費用がかかることはわかっていてもできることなら安く抑えたいですよね。
では、過払い金請求において費用が安いと言える基準とはいくらぐらいなのでしょうか?

 

 

これを知っていれば無駄に高い費用をかけて自分に戻ってくる過払い金が大きく目減りするということはありません。
基本的に過払い金請求を専門家に依頼すると着手金(初期費用)成功報酬がかかります。

 

 

これらを合わせて過払い金に対して20%以下であれば費用は安いと判断することができます。
単純に費用が安いという点だけで専門家を選べというわけではありませんが20%以下と費用が安く
過払い金請求の実績があって安心して依頼をすることができる事務所もあります。

 

 

そういった事務所に依頼をすることであなたの手元に戻ってくる過払い金が増えるので
もしあなたが着手金(初期費用)と成功報酬を合わせて過払い金の20%以上になるような費用がかかる
弁護士や司法書士に依頼をしようと思っているのなら考え直すことをオススメします。

 

 

なお、着手金(初期費用)に関してはパーセンテージではなく固定で〜万円となっていることが
ほとんどなので予想される過払い金から何%ぐらいになるかを計算してみましょう。

 

 

借金問題解決!専門家に相談する前に知っておきたい事前知識

過払い金請求の費用が安い専門家について

上記の基準で専門家を探せば費用面において大きく損をするということはないでしょう。
そして実際に依頼をするなら費用が安いだけではなくこれまでの実績や安心して
依頼することができるという信用の部分も重要になってくることは言うまでもありません。

 

じゃあどこの事務所がいいの?と思っている人もいるかもしれませんね。
そんな方にあえて一つオススメの専門家を挙げるとすればアヴァンス法務事務所です。

 

アヴァンス法務事務所は過払い金請求を得意としている法律事務所で初期費用は0円で依頼することが可能です。
さらに過払い金成功報酬も16%〜18%と費用が安い基準も満たしています。

 

 

全国対応ということもありこれまでの過払い金請求実績も高く、女性専用の窓口や、
進捗状況がWEBで確認できるサービスなど安心して利用ができる環境も整っています。

 

 

相談自体は無料なので迷っている方は一度アヴァンス法務事務所に相談してみると良いでしょう。

 

アヴァンス法務事務所の過払い金相談窓口はコチラ>>>

過払い金請求の費用が安い司法書士と高い弁護士の違い

過払い金請求を任せる専門家には費用が安い司法書士と高い弁護士があります。

 

この二種類の専門家には費用が安い、高い以外にどのような違いがあるのでしょうか?
過払い金請求を始めとした借金問題の解決の専門家を検索などで調べると司法書士と弁護士の両方が出てきます。

 

どのような違いがあるかというと総債権額が140万円以上の場合、司法書士は過払い金の交渉や訴訟を
代理人として行うことができないのでその場合は弁護士に依頼をしなければいけません。

 

では、総債権額が140万円以下の場合はどちらを選ぶべきなのでしょうか?
単純に考えると司法書士でも過払い金請求をすることができるので費用が安い司法書士にしたほうが
戻ってくる過払い金が増えるのでそっちのほうがいいんじゃないかと考える人も多いでしょう。

 

ただ、貸金業者との和解交渉・裁判となってしまった時に有利に進めることができるのは総債権額が
140万円以上で地方裁判所で訴訟を起こすような場合です。
※140万円以下の場合は簡易裁判所への訴訟となります。

 

なぜ地方裁判所で訴訟を起こすと有利になるかというと貸金業者が嫌がるからです。
なぜなら貸金業者側も弁護士を立てなければいけなくなるのでその分向こうにも弁護士費用がかかるので
長引かせないようにするためにこちらにとって有利な和解に持っていくことができると言われています。

 

 

しかし、総債権額が140万円以下なら弁護士に依頼したところで意味がないと思われるかもしれませんが、
これには色々な方法があり、例えば複数の案件をまとめて訴訟する、弁護士費用や慰謝料も合わせて請求するなどして
訴訟の金額を140万円以上にして地方裁判所で訴訟をするということができるのです。

 

 

なので総債権額が140万円以下でも弁護士に依頼をするメリットはあります。
費用が安い司法書士に依頼するなら訴訟に発展するまでもなく返還をしてくれる貸金業者への過払い金請求ですね。
貸金業者による過払い金請求への対応は「業者名+過払い金」などと検索すると業者側がどのような対応をしてくるかがわかります。

 

 

その際に訴訟に発展するケースが多いようであれば費用が高い弁護士でもメリットがあるということです。
どちらがいいのか迷ってしまう時はまず自分の状況を踏まえた上で両方に相談してみるのもいいでしょう。

 

とりあえず費用が安いアヴァンス法務事務所に相談してみる>>>

過払い金請求の流れについて

過払い金請求を行うと実際に手元に過払い金が返ってくるまでどのような流れになるのでしょうか?
これは、自分で過払い金請求を行う場合と専門家に依頼する場合とで変わってきます。

 

まず、専門家に過払い金請求を依頼する場合はどの専門家に依頼するべきか?
というところから始まります。

 

どこでもいいというわけではなく、これまでの過払い金の返還実績や
手数料、成功報酬などをじっくりと見極めたうえで相談をすることをオススメします。

 

自分で過払い金請求をする場合はまず過払い金請求を行う業者の情報収集から始まります。
まずはこれらのことを行った上で取引履歴の開示請求を行います。

 

ここから過払い金請求がスタートすると言っても過言ではありません。
取引履歴の開示請求によって貸金業者から取引履歴が郵送やFAXで送られてきますので
それを元に引き直し計算を行うことで「自分には過払い金がいくらあるのか?」がハッキリします。

 

貸金業者によっては専門家に依頼した場合などはこの段階で請求書を送付すれば過払い金が戻ってくるというケースがあります。
もしくは貸金業者からの減額交渉の提案に乗れば満額は難しいですが8割程度であれば比較的スムーズに過払い金を返還してもらうことができます。

 

この段階で交渉をすると貸金業者側からしても満額の8割程度の返還で済むので
入金日なども比較的こちらの意向を汲んでくれる場合も多いです。

 

満額返還がしたいという場合は訴訟提起をすることになります。
訴訟提起をした場合は和解、もしくは判決によって過払い金額が決定します。

 

そうしますと後は入金日を待つということになるのですが、この場合の入金日は
裁判所での和解内容や判決内容に貸金業者が沿うという形になることがほとんどです。

 

訴訟提起まで行かずに交渉で決着した場合はおよそ3ヶ月、訴訟提起をする場合は
6ヶ月程度で過払い金があなたの口座に入金されることになるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ