過払い金 発生 理由

過払い金が発生する理由と過払い金請求するときの注意点

過払い金が発生する理由と過払い金請求するときの注意点

過払い金請求とは、貸金業者に支払いすぎた利息の返還を求める手続きのことで、平成22年の改正貸金業法の施行によるグレーゾーン金利の撤廃以降、過払い金請求をする人も増えています。

 

これまで利息制限法で規定された上限金利(15?20%)と出資法で規定された上限金利(29.2%)が併存しており、貸金業者は出資法の上限金利を超えない限り刑事罰を科されることがなかったため、多くの貸金業者は利息制限法の上限金利(民事上は超過分は無効)と出資法の上限金利(超過すると刑事罰)の間の金利を設定することが可能でした。

 

この利息制限法の上限金利と出資法の上限金利の間の金利がいわゆる「グレーゾーン金利」というもので、多くの貸金業者がこのグレーゾーン金利での貸し付けを行なっていました。

 

たとえば、300万円を貸金業者から借りた場合、利息制限法の上限金利が15%(貸付額100万円以上の上限金利)ですが、貸金業者は出資法の上限の29.2%より低い25%で貸し付けることも可能なので、この場合、債務者は10%余分に金利を支払うことになります。
このように、グレーゾーン金利によって生じた過剰な利息を法律に則って返還してもらおうというのが、「過払い金請求」というわけです。

 

なお、過払い金請求は自分で行なうことも可能ですが、個人で貸金業者と交渉して情報開示を求めるのは大変なので、法律の専門家である弁護士や司法書士に依頼するのがお勧めです。

 

過払い金請求の時効は借金の完済後10年となっており、10年を超えてしまうと請求できなくなるので、過払い金請求は早急に行なうことが大切です。

 

>>>過払い金請求に関する基礎知識はこちらで紹介しています<<<

関連ページ

過払い金請求は専門家に
過払い金請求は自分で進めることもできますが専門家に依頼したほうが費用はかかりますがメリットが大きい場合もあります。
過払い金が支払われるまでの期間
実際に過払い金請求をしようと考えてから実際に支払われるまでにはどれぐらいの期間がかかるのでしょうか?
誰にも知られずに過払い金請求はできるか?
過払い金請求をしたいと思っているにも関わらずなかなか一歩踏み出せない人の中には誰かに知られるのではないかと思っている人も多いでしょう。
過払い金請求をすると借金の一括返済を要求される?
借金を返済している途中に過払い金を請求すると残債を一括請求されることがあるのでしょうか?
自分で過払い金請求をする場合のメリットとデメリット
過払い金請求を弁護士に頼むメリットとは?
過払い金請求を弁護士に依頼するとどのようなメリットがあるのかまとめてみました。
過払い金請求をすると信用情報に傷がつく?
過払い金請求における弁護士と司法書士の違い
過払い金請求をするとクレジットカード審査に影響は出る?
過払い金請求をした場合に、もしクレジットカードの審査に影響が出るのであればわざわざ請求しない人も多いのではないでしょうか?過払い金請求がクレジットカードの審査にどのような影響を及ぼすのが調べてみました。
ホーム RSS購読 サイトマップ