自分で過払い金請求 メリットデメリット

自分で過払い金請求をする場合のメリットとデメリット

自分で過払い金請求をする場合のメリットとデメリット

貸金業者に払い過ぎていた利息を返してもらうことができる過払い金請求は自分ですることができます。
では、自分で過払い金請求をする場合にはどのようなメリットとデメリットが存在するのでしょうか?

 

自分で過払い金請求をするメリット

 

@費用がかからない

 

やはりこれが一番のメリットになるでしょう。
専門家に過払い金請求を依頼すると着手金や成功報酬などそれなりの費用が必要になります。
しかし、自分で過払い金請求をすればそれらの費用がかからないので過払い金請求を終えた時の
ことを考えると専門家に依頼した場合よりも多くの金額が手元に残る可能性が高いと言えます。

 

 

自分で過払い金請求をするデメリット

 

@手間と時間がかかる

 

自分で過払い金請求をする場合いろいろと知っておかなくてはいけないことが増えます。
どれぐらいの過払い金が発生しているのかといった引き直し計算や取引履歴の開示手続きなど。
それらの知識を一つ一つ勉強していくことや、書類作成などを考えると圧倒的に手間がかかります。
納得する結果を得られなかった場合は訴訟となりますが、その準備や出廷などにも時間を取られる可能性があります。

 

A過払い金を取り戻せない可能性

 

貸金業者の中には個人で過払い金請求をした場合に巧妙な手口で支払いを逃れようとする業者もあります。
取引き履歴を開示してくれなかったり、交渉をしてきたりしてくるケースがあります。
そういった時に専門知識がないと相手に言いくるめられてしまう可能性があるので
そうなると過払い金を取り戻せなかったり、無駄に過払い金が目減りしてしまうリスクがあります。

 

 

これらのことを考えると自分で過払い金請求をするのはデメリットのほうが大きいと感じます。
最近は弁護士や司法書士に対して支払う料金も安くなってきているので専門家に依頼することをオススメします。

関連ページ

過払い金請求は専門家に
過払い金請求は自分で進めることもできますが専門家に依頼したほうが費用はかかりますがメリットが大きい場合もあります。
過払い金が発生する理由と過払い金請求するときの注意点
過払い金が発生する理由と実際に請求を行う時の注意点を紹介しています。
過払い金が支払われるまでの期間
実際に過払い金請求をしようと考えてから実際に支払われるまでにはどれぐらいの期間がかかるのでしょうか?
誰にも知られずに過払い金請求はできるか?
過払い金請求をしたいと思っているにも関わらずなかなか一歩踏み出せない人の中には誰かに知られるのではないかと思っている人も多いでしょう。
過払い金請求をすると借金の一括返済を要求される?
借金を返済している途中に過払い金を請求すると残債を一括請求されることがあるのでしょうか?
過払い金請求を弁護士に頼むメリットとは?
過払い金請求を弁護士に依頼するとどのようなメリットがあるのかまとめてみました。
過払い金請求をすると信用情報に傷がつく?
過払い金請求における弁護士と司法書士の違い
ホーム RSS購読 サイトマップ