過払い金請求における弁護士と司法書士の違い

過払い金請求における弁護士と司法書士の違い

過払い金請求における弁護士と司法書士の違い

過払い金請求を専門家に依頼する場合、弁護士か司法書士ということになります。
では、この二つの専門家には具体的にどのような違いがあるのでしょうか?

 

 

過払い金の弁護士のCMでも耳にしているかもしれませんが、まず一つは代理権の差です。

 

 

「弁護士であれば140万円を超える過払い金でも最後まで対応できます!」
このようなフレーズを使っていますがまさにこの通りで、司法書士に依頼をした場合は
140万円を超える過払い金が発生している場合に代理権がありません。

 

 

では代理権というのはそもそもなんなのか?という話ですが簡単に言えば、
訴訟となった場合に裁判所に自分が出頭しなければいけなくなったり、
貸金業者との交渉を自分で行わなければいけないということです。

 

 

そのため、専門家に過払い金請求を依頼するメリットがほとんどないということです。
もし仮に140万円を超える過払い金請求を司法書士に依頼した場合には、
上記のように結局自分で行わなければいけない部分が増えてしまうか、
140万円以上の過払い金に関しては受け取らないことにするかのどちらかです。

 

 

ですので逆に言えば、過払い金請求の金額が140万円以内であれば弁護士に依頼しても
司法書士に依頼をしても大差はないと言えるでしょう。

 

ただ全体的な話をすれば弁護士に比べると司法書士に依頼したほうが手数料などの
かかる費用が安いケースがありますので司法書士のほうがメリットが大きいかもしれません。

 

それ以上の回収率などに関して言えばこれは一概にどちらがいいとか悪いというよりも
その事務所によって大きく異なる部分ですのでHPや実際に相談をしてみるなどして
過去の過払い金の解決実績などを参考に選ぶことをオススメします。

関連ページ

過払い金請求は専門家に
過払い金請求は自分で進めることもできますが専門家に依頼したほうが費用はかかりますがメリットが大きい場合もあります。
過払い金が発生する理由と過払い金請求するときの注意点
過払い金が発生する理由と実際に請求を行う時の注意点を紹介しています。
過払い金が支払われるまでの期間
実際に過払い金請求をしようと考えてから実際に支払われるまでにはどれぐらいの期間がかかるのでしょうか?
誰にも知られずに過払い金請求はできるか?
過払い金請求をしたいと思っているにも関わらずなかなか一歩踏み出せない人の中には誰かに知られるのではないかと思っている人も多いでしょう。
過払い金請求をすると借金の一括返済を要求される?
借金を返済している途中に過払い金を請求すると残債を一括請求されることがあるのでしょうか?
自分で過払い金請求をする場合のメリットとデメリット
過払い金請求を弁護士に頼むメリットとは?
過払い金請求を弁護士に依頼するとどのようなメリットがあるのかまとめてみました。
過払い金請求をすると信用情報に傷がつく?
ホーム RSS購読 サイトマップ