過払い金 支払われる 期間

過払い金が支払われるまでの期間

過払い金が支払われるまでの期間

自分にも過払い金が発生しているかもしれない。
過去に借金を抱えていた人はCMや広告を見てこのように思っているでしょう。

 

では、過払い金があったとしてそれが実際に支払われるまでにはどれぐらいの期間がかかるのでしょうか?
まず、過払い金があるかどうか、その金額がどれぐらいなのかを知るためには取引のあった
金融業者に対して過去の取引履歴を請求するところから始まります。

 

実はこの時点ですでに違いが出てきます。
まずすんなりと送ってくれる業者もあればなかなか送ってこない業者もあります。

 

早ければ1週間程度、遅いと半年どころか音沙汰のない業者もあったりします。
さらに言えば個人で請求する場合と弁護士や司法書士が請求した場合でも対応が変わってきます。

 

 

なので一概には言えませんがスムーズにいけば1ヶ月以内には取引履歴の開示ができるでしょう。
取引履歴を手に入れたら今度は引き直し計算をして過払い金が発生しているか、その額がいくらぐらいになのか計算します。

 

専門家に依頼している場合はすぐにわかりますが、自分で請求する場合、ある程度知識を入れたり計算方法を
勉強したりしなければいけないのでおそらく1週間程度はかかるのではないかと思います。

 

ここで実際に過払い金があることがわかったら返還請求になります。
一番最短で過払い金が支払われるのはこの時点で和解となるケースです。
そうなれば2〜3ヶ月で過払い金が支払われるので着手してから3ヶ月程度で手にすることができます。

 

和解されずに訴訟となった場合は判決が出るまでおそらく半年から長ければ1年程度かかります。
さらに判決が出てから実際に過払い金が支払われるまで2〜3ヶ月程度とすると思い立ってから
過払い金を手にするまでに2年ぐらいかかってしまうということも考えられます。

 

 

自分で請求する場合と専門家にお願いする場合ではやはり専門家に依頼したほうが早くスムーズにいくでしょう。
その場合はおおよそ3ヶ月から6ヶ月以内に過払い金を手にしている人が多いようです。

 

 

専門家に依頼するケースでも過払い金請求に実績のある事務所とそうでない事務所でまた違いがあると言われています。

関連ページ

過払い金請求は専門家に
過払い金請求は自分で進めることもできますが専門家に依頼したほうが費用はかかりますがメリットが大きい場合もあります。
過払い金が発生する理由と過払い金請求するときの注意点
過払い金が発生する理由と実際に請求を行う時の注意点を紹介しています。
誰にも知られずに過払い金請求はできるか?
過払い金請求をしたいと思っているにも関わらずなかなか一歩踏み出せない人の中には誰かに知られるのではないかと思っている人も多いでしょう。
過払い金請求をすると借金の一括返済を要求される?
借金を返済している途中に過払い金を請求すると残債を一括請求されることがあるのでしょうか?
自分で過払い金請求をする場合のメリットとデメリット
過払い金請求を弁護士に頼むメリットとは?
過払い金請求を弁護士に依頼するとどのようなメリットがあるのかまとめてみました。
過払い金請求をすると信用情報に傷がつく?
過払い金請求における弁護士と司法書士の違い
過払い金請求をするとクレジットカード審査に影響は出る?
過払い金請求をした場合に、もしクレジットカードの審査に影響が出るのであればわざわざ請求しない人も多いのではないでしょうか?過払い金請求がクレジットカードの審査にどのような影響を及ぼすのが調べてみました。
ホーム RSS購読 サイトマップ